フォト
無料ブログはココログ

mylist

風景

  • 山梨白州
    思いつくままに出かけた所で撮ったものです

建物

  • 川崎工場夜景
    近場中心です

生き物

  • 遠野駅前蕎麦屋で
    家族が気に入ったものだけ

草木

  • 中井蓮池の里Ⅱ
    その時々で印象の強かったものです

その他

  • 相模湖プレジャーフォレスト~イルミリオン
    その他

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月26日 (火)

青春18きっぷで~奈良

Nara13「青春18きっぷ」で京都へ出かけた1週間後、奈良へ出かけました。前回同様「青春18きっぷ」を使って往復「ムーンライトながら」です。
ただ今回は「ムーンライトながら」の終点である「大垣」乗り換えでなく「名古屋」で降り、「関西本線」で「亀山」、「賀茂」経由で「法隆寺」へ。
「大垣」で東海道線に乗り換える時の猛ダッシュを避け、のんびりと到着できるルートです。
時間的にも10分ほど遅くなるだけでした。なかなか車窓からの風景も良く、この線で途中下車する旅も良いかも知れません。
「賀茂」駅では運転手始め乗務員全員が降りる客に丁寧に一礼するのには驚きました。そこまでしなくてもいいのにと思ってしまいましたが・・・。
      Nara17
今回は、法隆寺に2時間程滞在してから「薬師寺」の「修二会」を見る予定でした。
でも、「法隆寺」をじっくり見ていたら大幅に時間オーバー。そのため「薬師寺」は諦めました。
昼になり、すばらしい事に出会えました。
有名な「柿食えば・・・」ではありませんが、12時の鐘を「西円堂」で間近で聞く事ができたのです。
突いた後の鐘の音が頭の中で増幅して大きくなったり小さくなったりしながら、音の波長であるサインカーブがまるで体を通り抜けて行くようでした。
う~ん、これだけでここまで来た甲斐がありました。


Nara14やはり「法隆寺」はすごい、来るたびに新しい発見があります・・・といってもそう何度も来ている訳ではありませんが・・・。
なにげなく存在している建物が国宝になっているすごさ。
125ある建物で17が国宝、重要文化財が35だとか。
詳しい知識はありませんが、ここの敷地内に立っている事自体が楽しみと言えます。
Nara15






Nara16







Nara18「法隆寺」を出てから「JR奈良」駅近くで遅い昼食をしてから「春日大社」へ出かけました。灯篭を見て、鹿さんにご対面して、ソフトクリーム食べて、「JR奈良駅」まで歩いて戻り、「京都」で風呂に入り、夕食を食べて「ながら」で戻ってきました。

Toukyoueki01翌朝早く着いたので、横浜で降りずに終着の「東京駅」へ。新しくなった東京駅で2枚ほど撮り「明治神宮」「代々木公園」で桜を見ました。まだ、なんとか体力が残っていたので「新宿御苑」に行き、ここでも桜を楽しみました。
今回も「青春18きっぷ」を最大限に活用できました。
春の「青春18きっぷ」はこれで終了。次は夏です。

すべてRollei SL66  Planar 80mm  L41  Acros D76(原液)  カラーはRDPⅢ
3月26~27日撮影








Nara19

2016年4月14日 (木)

青春18きっぷで~京都

Kyouto25もう四月に入って10日を過ぎ、関東では桜も終わってしまいました。前回3月5日から更新できていませんでした。
決算で結構忙しかった・・・なんて言いながらも、「青春18きっぷ」を使い、「ムーンライトながら」に乗って0泊3日の京都弾丸ツアー決行しました。
今回は「宇治」に直行して「宇治平等院」~「宇治神社」~「興聖寺」~「宇治上神社」を巡り、「奈良線」で「稲荷」に出て、「伏見稲荷」へ。有名な鳥居を歩いてその先まで行きましたが、奥の広さに驚きました。ちょっとしたハイキングです。予定を大幅に過ぎ、その後予定していた所はパス。
でも、「ふたば」の豆大福はちゃんと食べました・・・。
Kyouto26夕方、京都駅から地下鉄を利用して、この日まで行われていた東山の「花灯路」を見に行きました。適当に歩きながら飾られた路地行燈や夜の庭園を楽しみました。「知恩院」では木魚を叩ける法話に参加。9時「京都」発電車で「大垣」から「ムーンライトながら」で帰ってきました。今回は京都でぎりぎりまで行動していたので、風呂に入る時間がなかったので、朝横浜に着いてから「青春18きっぷ」有効利用策の、更に違う所へ出かけるおまけ旅行はやめて自宅に戻り、近くの入浴施設でゆっくりしました。
2枚とも Rollei  SL66  Planar 80mm L41   1枚目 160NS  2枚目 Acros D76(原液)
3月20日撮影

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »