フォト
無料ブログはココログ

mylist

風景

  • 箱根
    思いつくままに出かけた所で撮ったものです

生き物

  • 遠野駅前蕎麦屋で
    家族が気に入ったものだけ

草木

  • 中井蓮池の里Ⅱ
    その時々で印象の強かったものです

その他

  • 111番館
    その他

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月27日 (火)

湯ノ湖・戦場ヶ原~日光

Nikkou012006年に出かけた日光地方。今年9年ぶりに行ってきました。紅葉の時期ということもあったのですが、運動不足解消に歩くためでもあります。歩くだけなら近場でもできるじゃないかという指摘もありますが・・・。
23日早朝に戦場ヶ原の赤沼駐車場に到着。途中の「いろは坂」は紅葉の一番の見ごろを迎えていました。雨が降っていてましたが、かえって落ち着いてよい雰囲気でした。この日は昼間「いろは坂」が大渋滞で3時間かかったとか。
8時頃から歩き始め、小田代が原を一周してから湯滝経由で湯ノ湖に着いたのが午後2時頃。距離はそれなりにありますがほとんど平坦で楽でした。小田代が原では「貴婦人の木」とよばれている白樺にもご対面してきました。

Nikkou02湯滝、湯ノ湖付近はすでに紅葉は終わっていましたが、それでも山の木々の色が多少残っていて楽しめました。
1,2枚目は湯ノ湖で撮った絵です。
9年前、湖の中に倒れている木が魚のように見えた場所で1時間程撮っていました。今回その時の場所に行くと、少し形が変わっていましたが残っていました。カラーで1枚撮っただけの数分で終了。根気がなくなったようです。まあ、時間かければ良いというものでもないという事で・・・。

Nikkou03湯ノ湖から赤沼までバスで戻り、「光徳牧場」で牛乳とアイスクリームを食べてから夕暮時の戦場ヶ原で数枚撮って終了。中禅寺湖近辺はトップシーズンで宿がべらぼうに高いので、今市のとってもリーズナブルなお宿へ。
途中の中禅寺湖は日が落ちる時で湖と紅葉がとてもきれいでした。2日目はどこに行くか考えもせずにおやすみなさいでした。
1枚目 Nikkor-M 200mm  YA3   2枚目 Planar 80mm L41   3枚目 Planar 80mm YA3+CROMO E1 トリミングしています。
3枚とも Rollei  SL66  Acros  D76(原液)   10月23日撮影
 

2015年10月26日 (月)

平塚花菜ガーデン

Kana40平塚にある神奈川県立の花菜ガーデンへ出かけました。
自宅からはそれ程時間をかけずに行くことができます。
秋バラやコスモス、コキアの赤の色付き等が楽しめました。
ひたち海浜公園で緑のコキアを見たのが9月5日でしたので、1ヶ月少しで全く色の変わった姿に会えました。
Rollei SL66   Planar 80mm  L41  RDPⅢ


Kana41園内にあるチェコの小説家で園芸に関するエッセイも書いているカレル・チャペックをイメージした建物での一枚。この人「ロボット」という単語を生み出した事でも知られているようです。
Rollei SL66  Planar 80mm  L41  RDPⅢ

2枚とも 10月12日撮影

2015年10月17日 (土)

台場~Rolleiflex2.8F

Daiba01_3私に現像の基礎等を教えてくれた師匠の遺品であるRolleiflex2.8F Planar80mm の試写をしてみる事に。
お台場海浜公園で仕事があったので連れて行きました。
仕事を早々に終えて、テレビ局のある近辺を巡りましたが、私にとって興味の湧く場所はありませんでした。
行きに新橋から乗った「ゆりかもめ」でレインボーブリッジからの眺めに興味が湧いたので帰りは橋を歩いてみました。
あいにくとブローニーフィルムの在庫が切れてしまったのでRolleikinを使って135フィルムでの試写になりました。
Opton-Tessar75mmのAutomatと比べ焦点距離5mmの違いしかありませんが、実際はそれ以上に感じる見え方に最初はかなり戸惑いました。

Filter YA3使用

Daiba02_42.8Fには露出計が内蔵されています。
ローライの露出計はあてにならないという事をよく耳にします。しかもセレン式ですから経年劣化による誤差もある可能性も大です。
単体露出計も持って行って比較するのも試写の目的の一つでした。
今回の試写では内蔵露出計を通常の反射光として測光した値と単体露出計の広角反射光ではほぼ同じ値を示しました。
Filter R1使用


Daiba03_3内蔵露出計にデフューザーを付けて入射光として測光した値と単体露出計での値を比較すると、ほとんどのシーンで内蔵入射光測光値が1EV大きくなっていました。
Filter R1使用

Daiba04_3今回の試写でクランクの戻しの時、多少重たく感じられました。シャッターチャージに問題はありませんでしたが、このまま使っていると切れなくなる可能性が大きいので修理に出す事になりそうです。
露出計は反射光ではそのまま、入射光の場合は1EV分感度設定を上げて使えばほぼ問題なしのようです。
モノクロフィルムを使う分には大きな問題はなさそうです。
Filter Y2使用

それにしても最近ローライの修理を出していないけど、調整にどのくらい費用がかかるのか・・・。どきどきものです。
この日、家に戻ったらブローニーフィルムが届いていました。なんというタイミングか・・・。

4枚とも Rolleiflex 2.8F Planar 80mm Acros135 Rolleikin使用 10月7日撮影

2015年10月11日 (日)

横浜山手

Yamateyoukan40_2久しぶりに横浜山手洋館へ向かいました。
地下鉄みなとみらい線で元町・中華街で降りると、エレベーターでフランス山に出られるので楽です。
イギリス館~111番館~エリスマン邸~ベーリックホール~外交官の家~ブラフ18番館という大体いつものコースを歩きました。
イギリス館の窓にあったカーテンに目が留まり一枚撮りました。

Yamateyoukan41エリスマン邸に向かう途中、外人墓地で中に入れるというイベントが行われていました。募金をすると見学できるという企画でした。人様の墓地を募金して見せていただくというのも奇妙でしたが、なかなか見ることができない所ですので入らせていただきました。埋葬されているのがどういう方であったかという説明もあり、2周して1時間以上滞在してしまいました。
Yamateyoukan42最後はブラフ18番館。ピアノの演奏会が行われていました。いつもの場所で数枚撮って終了。
石川町で遅い昼食をとって帰宅しました。

3枚とも  Rollei  SL66  Planar 80mm  L41  Acros  D76(原液)
10月3日撮影

2015年10月 4日 (日)

鶴見線

Turumisen01鶴見線は通勤として使う人以外はまず乗車す機会がない線です。何度か海芝浦と国道に撮りにいった事がありますが、全線を乗った事はありませんでした。運行距離が短い割に支線があるので終点まで行ってから途中まで戻って次の終点へと行く必要があります。特に「大川」行きは朝と夕方しか運転されないので、都会の秘境駅と呼ばれるとか・・・。
ここは工場夜景を撮りに行った際に行った大川緑地の近くのようです。昼間の工場地帯も興味があったので早速時刻表で行程を考えました。
案は「横浜」6時42分発京浜東北線「鶴見」着6時42分、7時10分発鶴見線、「大川」7時23分着、8時16分発で「安善」まで戻り、「扇町」8時37分着、9時30分発で「鶴見小野」着10時8分、元気が残っていれば「国道」着10時10分で「鶴見」に11時12分に戻るコースでした。
Turumisen02当日は「鶴見」に予定より早く着いたので、駅の時刻表を参考に練り直しました。飯田線の時に使った、下り、上りを交互に乗り換えるジグザク作戦で、かなり効率よく回れました。
1枚目は乗り換え駅の「安善」工場からの煙が見えて心躍る駅です。夜に来て駅から工場夜景を撮りたい所です。
2枚目は「扇町」近く。歩道沿いにつながる道の先にディープな工場地帯が広がっています。夜景で水蒸気と光の交差する絵が取れる場所です。

Turumisen03今回は「海芝浦」は寄らずに早めに切り上げました。当初の案より1時間半程早く鶴見に戻れる事ができるので「国道」には立ち寄りました。
いつもの絵ですが、増感現像で処理しました。
3枚とも Rollei  SL66  Planar 80mm  L41  Acros  D76(原液) 3枚目は増感
9月27日撮影

2015年10月 1日 (木)

最近のカラー撮り

Utunomiya07_29月初めに宇都宮へ出かけた時のカラーがやっと撮り終わり現像に回せました。松が峰教会の内部です。輝度差が相当ありカラーでは適正露出をどうするかを悩みました。結果としてまあよかったかな。長露光なので少しぶれてしまったようですが。
Rollei SL66 Planar 80mm  No-Filter  RDPⅢ

Hinatayakusi01毎年、同じような絵しか撮れない彼岸花。
今年はここの日向薬師だけでなく、かなりの場所で花数が多く咲いているようです。
Linhof Master-Technika    Nikkor-W 210mm  LBA3  RDPⅢ


Hinatayakusi02
毎年、ここでは彼岸花と稲刈りがちょうど同時になります。
稲を刈る方は彼岸花を目的で来た人が多くなると作業を始め、人が引くと作業をやめるという繰り返しをしている事を今年発見してしまいました。観光客用にサービスしているんだとよい方に解釈しておきましょう。
Linhof Master Technika  Skopar 114mm  No-Filter  RDPⅢ

1枚目 9月6日   2,3枚目 9月21日撮影

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »