フォト
無料ブログはココログ

mylist

風景

  • 箱根
    思いつくままに出かけた所で撮ったものです

生き物

  • 遠野駅前蕎麦屋で
    家族が気に入ったものだけ

草木

  • 中井蓮池の里Ⅱ
    その時々で印象の強かったものです

その他

  • 111番館
    その他

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月29日 (金)

生田緑地ばら苑

Mukougaoka01かつては向ヶ丘遊園があった生田緑地は春と秋2回バラの最盛期だけ開園します。

朝の9時開園ですが、春に比べて人の出は少なく、その分ゆっくり撮れました。

途中でやけになれなれしく話しかけてくる方がおり、カメラの話をやたらとして鬱陶しくなり、「それじゃ、さよなら」と適当に相手して別れたのですが、ぐる~と一巡りしたら、また会ってしまいました。「げっ!!めんどくせ~」と思ったら、一生懸命霧吹きで花に水滴を付けておりました。

それとなく注意したら、「見つかると怒られるんだよね」だって・・・。 最近は霧吹きは見かけなくなったのですが、まだいるんですね。 TOYO-FIELD  Symmar 210ミリ 6×7HOLDER  L41  RDPⅢ

2010年10月26日 (火)

第32回アビリンピック(全国障害者技能競技大会)

Abilympics00_3

10月の15日から17日にかけて、アビリンピック(全国障害者技能競技大会)が横浜で開催されました。来年韓国で開催される国際アビリンピックの選考会を兼ねての全国大会です。第1回の国際アビリンピックはなんと日本の東京で開催されたそうです。その後、静岡でも開催され来年韓国が8回目です。・・という事を今回初めて知りました。パラリンピックはそれなりの報道があるのですが、このアビリンピックは国際大会でもどの程度の報道になるのでしょうか?まあ、パラリンピックだって国内予選は、いつ、どこで開催されているか知らない人がほとんでしょう。

Abilympics01_2

2枚目は前日の開場設営の時のです。

オランダ、フランス大会は諸事情から中止になっているようで、いろいろな困難があるようです。

Abilympics02_3

今回、会場になった横浜アリーナ内で、私の撮った神奈川県の知的障害者の働く・遊ぶの写真パネル約30枚を展示していただきました。木製パネル大四つと半切版でしたが、少しはお役にたったか・・・?

1枚目 Mamiya C220  Sekor 105ミリ UV  16日撮影 

2枚目 Mamiya RB67  Sekor 50ミリ No-Filter 14日撮影

3枚目 Mamiya C220  Sekor 80ミリ UV 16日撮影

共通データ 400TMY-2  D76(1:1)

2010年10月24日 (日)

馬入~コスモス

Hiratuka11 平塚の馬入川(相模川)河川敷のコスモス畑での一枚です。

今年は花がダメなんだよね~と言いながらカメラを向けている方がとても多く見受けられます。ここでも「これじゃ撮ってもしょうがない、○○ではきれいに咲いていた・・去年は△△が良かった」という聞きもしないのに声を掛けてくる方が数人いて、受け答えに辟易してしまいました。「そんなに花のどアップばかり撮るんだったら花屋で買ってきて撮った方がいいんじゃない」と言いたくなるような光景もまた多く見受けられます。まあ、人それぞれなんですけど・・。

後方にあるのは、地元の方が見ればすぐわかるんですが、平塚の体育アリーナです。

TOYO-FIELD  Symmar 150ミリ PL  RDPⅢ 10月11日撮影

2010年10月23日 (土)

旧横浜ゴム平塚製造所記念館

Hiratuka01

平塚の八幡山公園内にある記念館です。

もともとは「日本火薬製造」という物騒な会社の工場だったようです。

今は、平塚市が所有管理しているようです。

部屋は貸し出されていると見学できません。この日も大きな部屋が2室利用中でしたが、途中で1部屋が空き撮ることができました。

Mamiya RB67  Sekor 90ミリ No-Filter  400TMY-2  D76(1:1)

Hiratuka02 途中まで利用されていたのはピアノの練習(というよりリサイタルの事前確認?)の若い女性でした。

ちょっと話をしていたら、管理の年輩の方がやってきて、ここの建物のことを教わりました。う~ん、もう少し後で来て欲しかった・・・。なんて事はないです・・。ありがとうございました。

Mamiya  RB67  Sekor 50ミリ No-Filter  400TMY-2  D76(1:1)

2010年10月22日 (金)

開成町~酔芙蓉

Kaisei01

開成町の酔芙蓉を撮しに行きました。

すでに盛りを過ぎていましたので人もまばらでゆっくりできました。

Kaisei03

酔芙蓉にも一重と八重咲きがあるんですね。

近くで見ると一重の方が綺麗な気がします。

この花は2分酔いといったところでしょうか。

Kaisei02

稲刈りも終わっていました。

午後3時頃撮したのですが、雲の多い晴れの日でたまに雨が落ちてくるという忙しい天気でした。

2時間ほどの滞在で5カット撮って終了しました。

3枚とも Linhof Technika 6×7Holder  Symmar 150ミリ L41  RDPⅢ  10月11日撮影 

2010年10月13日 (水)

天王森泉公園

Tennoumori01

天候が悪いのと、用事がありカメラ持ち出すことが出来ないで出かけたのですが、たまたま通りかかった横浜泉区の民家です。

30分ほどの滞在ですが、民家というのは結構いろいろな所にあるものなんですね。

Tennoumori02

用事があってカメラ持ち出せなかったの・・って言いながらなんで撮ってんじゃい、って・・。たまたま車にカメラが置いてあったんです、た・ま・た・ま・・。

2枚とも Pentax 67Ⅱ 135マクロ UV  400TMY-2  D76(1:1)

2010年10月 6日 (水)

鎌倉~旧華頂宮邸

Katyou01

10月の2,3日に鎌倉の旧華頂宮邸の内部一般公開がありました。2日は仕事が入ってしまったので3日の朝から訪問、開場の9時にはすでにかなりの入場者がいました。

SL66が入院中なのと建物内部で三脚は邪魔になるため使わないので、今回は2眼で持って行きました。

外からはいつでも見られるので内部を中心に3時間ほど滞在して撮っていました。

Mamiya C220  Sekor 55ミリ  

Katyou02

3階建の洋風建築ですが見学できるのは2階までです。

この2枚目は露出1秒必要でしたので、出窓にカメラを置いてセルフで撮りました。最初に撮った時はシャッターが切れている間に人が入りボツ。

Rolleiflex  Automat  Tessar 75ミリ  

Katyou03

曇っていた日でしたが、時たま日が差し込んで影を作ってくれました。出窓部の色がきれいでした。カラーでも1枚撮りたかったのですが、ホルダー替えられないのでモノクロのみです。2台持っていったので1台はカラーでも良かったのですが、古い建物はモノクロと決めつけてしまっていました。

Rolleiflex  Automat  Tessar 75ミリ+Rolleinar1   

Katyou04

正直なところ、照明器具は旧前田侯爵邸の物のほうが写真の絵としては撮りやすい感じです。

結局、器具はこの1アングルだけでした。

Mamiya  C220  Sekor 105ミリ  

Katyou05

今回一番気に入ったのがこのレースカーテンの窓でした。

実はここは和室で畳みが敷いてある部屋です。

この絵の露出は露出計計測結果より2EVアンダーで撮りました。現像して「おお!!、いい読みしてたな」。

モノクロなのでプリントで2EVほどの差はどうにでもなってしまうのでしょうけど、やはり狙った露光からのプリントの方が結果は良いはずです。これが果たして良い露光なのかアンダーすぎるのかは個人的な好みなのかも知れません。でも本当は標準露光もおさえに撮っておくのが普通なんでしょうけど、それができないんですね、フィルムケチって・・・。

Mamiya  C220  Sekor 55ミリ      共通データ   UV  400TMY-2  D76(1:1)   10月3日撮影

2010年10月 5日 (火)

今年の彼岸花

Koidegawa01_4

今年は彼岸花の開花が遅れているというニュースが多く報道されていました。確かに2週間ほど遅いようでした。しかも数が少ない、花色が悪かったようです。

この小出川も例年の半分ほどの花数でした。

TOYO-FIELD  Symmar 150ミリ PL  RDPⅢ 

9月25日撮影

2010年10月 2日 (土)

中央本線大日影トンネル遊歩道

Oohikage01

最終日は勝沼付近へ・・・。武田家終焉の場を巡ろうと思ったのですが、あいにくの天候で断念。雨が降っても大丈夫なのはどこ?と探したら、な~んだ、また廃線かいな。おっ、トンネルの中が歩ける!しかもレールが残っている!!これは行くしかないでしょ・・・ということで躊躇いなく直行しました。駅前に車を置いて、数分歩けばトンネル入口です。旧のトンネルの脇を新しい線路があり、列車と旧トンネルが並んで撮れるのですが、そこは鉄ちゃんではないのでパスして早々に内部へ。ここも観光地化されていますが、なかなかの見応え(歩き応え)があります。

片道1.4キロですが中央部が勾配の最高点で、そこから上り下りに25%程の傾斜になっています。ほぼ一直線のため、出口が最初から見えているのですが、かなり歩きでがあります。

TOYO-FILED  Angulon 90ミリ  No-Filter  400TMY-2  6×9HOLDER  D76(1:1)

Oohikage02

実際のトンネル内はもっと暗いのですが、よ~くみているとこのように煤か何かレンガに付着しています。ほとんどの方は見過ごしてしまっているようですが・・。

反対側の深沢口に出て、その先のトンネルを利用したワインカーヴをちょこっと見学して、一休みしてから戻り始めました。帰りはSL66で撮りながら行こ~っと。

TOYO-FIELD  Angulon 90ミリ No-Filter  400TMY-2  6×9HOLDER   D76(1:1)

Oohikage03_2

戻り初めて数カット撮った後、待避所が休憩所になっている場所でフィルム交換して、さあ行くぞと立ち上がった瞬間・・・・・悲劇が・・・・。

リュックのベルトがベンチに挟まっていて引っ張られた時に手からSL66君が滑って地面に落下!!

トンネル内に響き渡る金属製の音(結構きれいな音でした・・・)。

ピントノブが動かなくなってしまい、使用不可能に、あ~あ、また修理に出さなくちゃ。

Rollei  SL66  Planar 80ミリ L41  400TMY-2 D76(1:1)  9月23日撮影

2010年10月 1日 (金)

石空川渓谷

Syouji01_2

篠ノ井線廃線敷跡の次の日は山梨八ヶ岳へ。この日まで天気が良いとの予報・・天候が崩れる直前は山がきれいに見える事が多いので、朝から石空川(いしうとろ)渓谷へ出かけました。近くの尾白川(おじらがわ)渓谷へは何度か行っていますが、この石空川は初めてでした。

途中の道路から見た南アルプスと稲穂の対比がとても鮮やかでした。

Rollei  SL66  Planar 80ミリ PL  RDPⅢ

Syouji02

今回は歩いても平地のつもりだったので登山靴は持っていきませんでした。そのため、無理をしないで行けるところまでと思って歩き始めたのですが、結局一番奥にある精進ヶ滝(しょうじがたき)まで進んでしまいました。途中吊り橋や足が1/3しか掛からないほぼ直角の狭い階段を渡りながらの行程でしたが、昔、修験者の修行の場であった落差121mの見えるところまで片道1時間程の比較的楽な所です。

Rollei  SL66  Planar 80ミリ  L41  400TMY-2  D76(1:1)

Syouji03

滝に沿っての急勾配の階段にしがみつきながらの一枚です。落ちたら確実にあの世行きの場所です。しかもしぶきで濡れて滑るので登るときより降りる時の方が慎重になります。

Rollei  SL66  Planar 80ミリ  L41 400TMY-2 D76(1:1)

Syouji04_2

精進ヶ滝へはこれ以上近づけません。昔の修験者は滝に打たれに行ったようですが。昼近くで光りが回らず写真としては失敗です。

TOYO-FILED   Symmar 265ミリ 6×7HOLDER  L41 RDPⅢ

9月22日撮影

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »